花火鑑賞士試験に挑戦! & 飯田五社競演花火大会

| コメント(4)

IMGP6328

 みなさまは花火を見たことはありますでしょうか?
 僕の友人のみなみなさまであれば、半ば強制的に(笑)つれていかれていると思いますが、たいていの人は見たことがあると思います。
 花火を打ち上げるには火薬の取り扱い免許などなどが必要なのですが、花火を「見る」側のお勉強をしてみようというのがこの「花火鑑賞士」 試験です。
 見るだけで「士」ですよ! このえらそーな名前に秘められたその思いとは・・・。

夏の一大エンターティーメントとして地位を築いている「花火」
わざわざ炎天下の中場所取りをしたり、混んでるところへわざわざ行く、あの面倒なことがありつつも、 このところ年々足を伸ばす人が増えているというところから、魅力ある夏の風物詩となっていることは間違いないでしょう。

花火を見るのに理屈はいりません。見て「きれいだなぁ!」と思う、まずそれが一番大切なことです。
美術品でも食べ物でもそうですが、まず自分の五感で感じた瞬間に「すごい!」と思えることが重要だと思います。


そして、それでいいんです。


でも、でもですね。たとえば美術品だったらその絵を書いた作者の生き方を知ったときに絵の見方が変わったり、 食べ物でもその材料を見たり料理法を知ったときに、もっと料理がおいしく感じたりしたことありませんか?

花火でも同じ事がいえると思うのです。
 花火はなぜ丸い?
 花火はなんでいろいろな色がだせるの?
 火がゆっくりおちてる花火は、あれどうやってるの?
 昔の花火はどんなものなんだろう?
 尺玉花火ってなに?
 丸い花火じゃなくて、にこにこマークの花火はどうやってつくってるの?
 丸い花火一つじゃなくて、夜空いっぱいに小さな花火がでるやつはどうやってるの?
      etc...

こんな疑問をもったことありませんか??
こんな疑問の答えが一つ一つわかるだけで、花火をもっと楽しめると思うのです。

花火の打上の仕組み・花火玉一つ一つの作り方を知ると、誰しもに人気のある大量に花火を打ち上げる「スターマイン」だけでなく、 一発にこめられた職人の心を感じながら花火が楽しめると思います。

そんなことが勉強できるのが、この「花火鑑賞士」の試験なのです!

ちなみに、取得しても、マニアになるだけで社会的地位はありません(笑)






花火鑑賞士試験は毎年10月に一度行われます。
企画しているのは、「大曲花火倶楽部」というNPO団体。

大曲花火倶楽部HP

大曲と言えば、日本でおそらくもっとも盛り上がる花火競技会「全国花火競技会」が行われる、秋田県大仙市大曲です。

受験料は6000円です。その内容は、講義4時間、ペーパー試験50分+実技問題 です。

そして、受験会場は、





日本で一カ所「大曲」!








大曲ですよ大曲!
・・・・っていっても場所知らないですよね。
ここですよここ!


scale:250000 39/27/39.605,140/29/6.463



 東京から秋田新幹線でなんと3.5時間!
 ちなみに、 東京から新幹線なら秋田フリー切符つかって往復2万8千円です!
 受験料6000円の試験に、片道3.5時間かけて3万近くかけて行くなんて、 ただのバカですよ!!!!!




 バカなことが大好きなうちのヨメが「ぜひうけてこい」と言ってくれたので、新幹線で行ってきました!
 ・・・・・なぜか一緒についてきてますケド・・・。


まずは、申し込むと事前にテキストが送られてきます。
これがまたテンションの高いテキスト!
カラー写真含んで歴史や玉の構造の説明、火薬の原料や色のでる仕組みなどなどがかかれています。全国の有名な花火大会のデータなどもあり、 これだけでワクワクですよ!

IMGP6308

が、意外と書いてあることが高度です。
特に、花火は光の動きを楽しむ物なので、写真を見ても、菊と牡丹の違いがわかりません・・・。
黒色火薬は 硝石○%・・・など数字も多い。
日本の花火の起源は・・・などなど歴史的要素も多い。

一番(?)大変なのが、玉名(玉名)を見分けるところです。
ここは特に花火に詳しくなるなら知っておきたい項目なのですが、これがまた写真じゃゼンゼンわからん(^^;

・・・ですが、これがわかると

「昇曲導付八重心変化菊」
(のぼりきょくどうつきやえしんへんかぎく と読みます)

と言われたときに、「おっ、八重心ね」「どんな曲導がついているんだろう?」と楽しみながら花火を見ることができるようになるんです。  これで、やっと花火大会の時に、「プログラムナンバー 5番 5号3発尺2発 ○○変化菊?」 みたいなアナウンスがわかるようになるわけです。


そんなこんなでテキストの予習は必須です。
知識ももちろんですが、テンションを上げるためには有効!


そして当日を迎えました。
はじめてのった秋田新幹線です!
IMGP6292
夜行バスなどの選択もあったのですが、最近ちょっと弱り気味で、「水曜どうでしょう」的な展開もできず、 ちょっとリッチな交通手段をつかってしまいました。
リッチと言っても、開始が11:00なので、10:30に大曲着の「こまち1号」でいくしかありません!
出発は7:00東京ですよ!!!!

眠い・・・。


東北新幹線ゾーンはそれはそれは早くて 上野→大宮→仙台→盛岡・・・・って、オイ!大宮の次が仙台かよ!  っていう感じですごい早かったです!
が、それも盛岡まで。そこからは在来線の線路ですので、たんなる特急。
IMGP6291
秋田の秋の景色が広がっていました。

そして着いた大曲?

IMGP6293 


もー、花火の街なんですよここは!
駅の観光センターは花火一色です!
謎のキャラもいたがこれはいったい・・・・。
IMGP6294
(ちなみに、花火の玉ってこんな感じなのです。大きさはほんものです)

大曲駅は秋田新幹線の影響もあり、とてもきれいな駅でした?!

IMGP6295

さて、そんなこんなで着いたのが10:30。

6000円の試験に3万かけるなんて、なんてバカなんだとおもったら・・・。
大曲に降りた人の何人かが同じ場所に向かってる!

なんと、同じ人がいっぱいいました!!!!!!!!!!!
1人で来たようなひとから、カップル、女性同士のペア。
年齢も大学生からおじいさんまでかなり幅広い展開です。


IMGP6304

会場は、「大曲プラザ たつみ」というところです。
入ると早速受付の列。同じ時間って事は新幹線の人もかなり多かったってことですねー。
IMGP6296
(最近注目度があがっているのか、テレビカメラが入っていました)


講義の内容はこれは受けてのお楽しみですが、次のようなプログラムで行われます。

1時間目「花火の概要と歴史」
2時間目「花火の製造法と打ち揚げ方法」
3時間目「花火の分類と種類」
4時間目「花火鑑賞のポイントと全国の花火大会」

そして筆記テストと実技テストが行われます。


この講義がすごい! 実際の花火師さんによる講義なので熱がこもっています。
特に最後の4時間目は花火研究家小西亨一郎さんによる講義なのですが、これがまたあつい!
私の周りには類友?かなんだかしらないのですが、F1マニアや鉄道マニア、アニメマニア、パソコンマニアや車マニア、 ハロプロオタクなどなどの友人がおりますが、この方はまさに花火マニア。
花火を心底愛するこの人だからできるこの講義。「そういう楽しみ方があったのか!」と見方が変わる一瞬が次から次へと出てきます。
 この小西さんと見る大曲花火のDVD。これが特におもしろかったですよ!
実際にプロジェクターを使ってDVDを見るのですが、小西さんが特に感銘を受ける花火を身ながら、「この消え口がそろった見事な花火!」 「先ほど言った五重芯花火。ね、きれいでしょー」と講義と併せて実際の花火がみれるので、これはサイコーにためになる講義でした。

IMGP6309
(一応blog上での様子を伝えたいと思った写真ですが著作権の問題がありそうであればご連絡下さい。 削除します)

正直この解説無しにこのDVDをみたら、「きれいだなぁ」と似たような花火がうちあがるのを眺めているだけだったかもしれませんが、 小西さんの解説&この後に控えているテストを思うと真剣そのもの。三重芯花火はどのようにみえるのかなど花火を見る目はかわり、 その技術の高さに感銘をうけるようになりました。
私は大曲大会を見たことはないのですが、その花火レベルの高さが本当にわかるようになりましたよ。



そしてあつい講義が終わったらテスト。
筆記テストは50分。
テキストと講義の中から出てきた内容が問題になっています。
4択問題もありますが、そのほとんどは筆記試験(^^; あんなに字をいっぱい書いたのは久しぶりでしたよ(^^;

そして最もみんなが「うわーー」と思ったのが実技試験でしょう。
「花火鑑賞士」の実技なので、その内容はもちろん!花火を見ること!

先ほどの講義のようにDVDを見てその玉名を答えるというものです!
あわててしまい、ほとんど答えることができませんでした・・・。 はぁ・・・。



そして、すべての内容をおえると、最後に素敵なプレゼント。
なんと、ホンモノの花火大会を見ることができるのです!

「飯田5社競演花火大会」を試験後にみにいくことができるのです。
30分程度で球数も少ない大会ですが、ここでも小西氏による解説入りで生の花火を見ることができます!
しかも打ち上げているのは先ほど講義をしてくださったかたたちです。

ここではじめて、今までぼーっと花火をみていた自分が「おーー、きれいな芯がはいってるなー」とか、「みごとなマジカルだ!」とか 「錦冠菊がちゃんと地上20mで消えているな」とかその技のすばらしさに感動している自分に変化していることが確認できるのです。


こちらで動画で見ることができます。
http://36arts.com/2006iida/

IMGP6323


IMGP6328

IMGP6337

IMGP6329


知識を詰め込みテストをうけ、そして最後にその知識を確認できるなんて、なんてすばらしい1日だったのでしょうか。
花火が好きな方はぜひうけてみてほしい試験です。

大曲の花火にかける情熱は伊達じゃないですよ!!!!!!!!!
 IMGP6340



最後にですが、今回の花火鑑賞士試験は4回目なのですが、鑑賞士の方の中に、花火大会会場にて鑑賞士であることをつたえ、 いろいろな花火に対する文句や不満を言う人がいるとのことです。
花火倶楽部の方も言っていましたが、花火の玉は職人が一つ一つ手作業で作る花火です(驚くべき事に、 ほとんどの作業が手作業で行われる芸術品です)。うちあがる花火は、玉の出来、湿度、温度、 風向きなどで変わり二度と同じ花火を見ることはできません。
たまたまうまく見えなかった花火はその条件がわるかったかもしれないもので、花火職人は一発一発に手を抜くことなく作っています。 ここに優劣をつけることは許されません。
花火鑑賞士はその職人の心をより強く感じることができる教育をうけた者として、その楽しさを多くの人に伝えるべきであると思います。 「だめだった」というところを指摘する知識ではないことに注意していきたいですね。

ただ、そんな花火大会でも唯一優劣をつけてもいい時があります。それが秋田大曲・東京隅田川・茨城土浦で行われる花火競技会です。ここでは、 みな優勝を目指した美の戦いが行われるのです。

そんな花火の「+α」を知ることができてとても有意義な1日でした!!

----------
ちなみに合格発表はまだですし、あんまり合格不合格は気にしなくてもいいかなと思える充実感です。

----------
10.30追記 無事合格してました!?^o^/バンザーイ  認定証が楽しみです!

コメント(4)

突然お邪魔します。
今回はじめて拝見させていただきました。
これからもちょくちょくお邪魔します。
それでは。応援ポチ^^

あやさん、初めまして。
これからもぜひぜひご覧下さいませ?。ありがとうございます。

はじめまして、合格おめでとうございます!!
私もあの場で試験を受けた一人です。合格不合格は別にして、非常に有意義な1日だったと思います。来年は全国各地の花火大会に出向いて、知識を深めて楽しみたいなと思っています。
ずごくわかりやすいブログ、脱帽です。見習います。。。(笑)
またお邪魔しますね。

REALMUSICさんこんにちは。
あの会場に一緒にいたとは!これからもよろしくお願いいたします! あの熱のこもった講義、忘れられないいい体験でしたね!
しかも講義で習った内容をテストして、最後に本物の花火がみれるなんて、なんてすごい内容なんでしょう?!

コメントする

カテゴリ

ウェブページ