せたがや花火 2007

| コメント(2)

IMGP8414

4年ぶりに復活! 東京都世田谷区で行われた「せたがや花火大会」に行ってきました!
ここの目玉は尺玉30連発です!

 

この八月第三日曜日は世田谷区と川崎市が共同で花火大会を行っておりました。
しかし、4年前から世田谷側での花火大会が場所の問題(水害対策工事)により中止され、川崎市のみの大会となっていました。 (予算による都合という話も聞くのですが真相は謎・・)


しかし! 今年、水害対策工事も完了し、各種問題もクリアして見事な復活を遂げたのです!
大会規模は世田谷側6000発、川崎側6000発の計1.2万発。

1.2万発とはいえ、実質両方を同時に見ることは難しいので6000発の大会と見てよいでしょう。
あがる玉の最大サイズは、世田谷側が10号玉(尺玉)、川崎側は5号玉であり、迫力を求めるなら世田谷側に行くのがよいと思います。 まったり見るなら川崎側かな?
客は両会場併せて60万人程度。ですので、片方で見たら30万人程度と中規模の大会になります。

が、上げる時間は19:00?20:00と1時間。1.5時間で1万発程度の大会と密度的には変わらず、侮れない発数です。

IMGP8350

そんなせたがや花火大会。我々が向かったのはもちろん世田谷側。15:00に駅に集合し、買い物を済ませて現地着は16:00頃。 世田谷側が復活したことを知らない人が多いのかそれとも元からこんなものなのか、かなり開いていました。 平面の面積が多いのでかなーり広く場所を取ることができます! 尚、 見たところでは17:00でもほぼ同様に広い面積を取ることができそうな空き状況でした。入り口の方が混んできて、 奥まで人が来ないのが原因だと思います。
打ち上げ箇所から遠い入り口の方が混んでいるという逆転現象がありました。

IMGP8406

こんな感じで人こそおおいですが芝生が至る所に見えている程度の混雑状況。

本日は酷暑が続く関東では珍しく涼しく非常に快適だったので、ピクニック気分で待ち時間を過ごしておりました。
IMGP8402


19:00からの打ち上げなのですが、17:30頃から特設ステージにて各種イベントが行われ、大会を盛り上げていっています。


そして、区長のおなじみの挨拶が終わり打ち上げです!

IMGP8413

「おおっ!これは近い!」

 16:00頃に出てきたとは思えない好位置をキープしそしてこの迫力!
 尺玉はこの距離から見ると大迫力です!降ってくるようで首が痛いです(^^;


 尺玉も数多く投入されており、予算はかなりかかっている模様です。
 「75」という型物花火が打ち上げられ、その後もスターマインが続きます。

※型物花火・・・文字やニコニコスマイルマーク、ドラえもんなど丸い花火ではなく絵を描くような花火。星の詰め方を工夫し、 かつ上下左右を正確に合わせないといけないことから打ち上げる方も見る方も非常に難易度の高い花火である。
IMGP8415


IMGP8416

 テーマに会わせた花火はさすがに大迫力。18mmレンズでははみ出してしまいました(^^;
 ここで興味有りだった花火は二つ。
 まず、型物花火の定番「スマイルマーク」を千輪菊に入れて打ち上げた花火!
 「千輪菊」というのは、花火が開いた後、一瞬間をおいてたくさんの小さな花火が夜空に花開くものです。一度は「あれ?不発か」 と思った後に花開く姿を見て「おおっ!」と思ったことがあるでしょう。
 あれは、通常1発で打ち上げるような小さめの花火を大きな玉の中にいくつも摘めて打ち上げ、 空中で爆発させて四方八方に飛び散らせると共に点火、そのおのおのが空中で花開いているという仕組みです。 これを型物花火で実現していたのです!。空中にたくさんのニコニコマークが花開いてとーってもカワイイいい感じでした!

残念ながら写真がないのでせっかくのウンチクとは無関係な写真を引き続き
IMGP8427

IMGP8430

 もう一つは、花火の世界では「マジカル」と呼ばれる花火。
 マジカルとは、一度消えた花火が再び光り出す花火のことを言います。
 たまに、大きな丸い花火が開いていく途中で一度消え、1秒後にまた光るといった花火を見たことがある人もいるのではないでしょうか? それがマジカルです。
 原理的には、 星と呼ばれる花開く一つ一つの小さな火薬の丸い玉っころを何重にもいろんな色に光るように層を重ねて火薬を塗っていくのですが、その途中で、 黒く光る(光らないといったほうがいいかな?)火薬を塗っているのがその原理です。
 普通の大会でもあまり見ない花火なのですが、一つのテーマセクションでマジカルを打ち上げているのはビックリしました。 まぁほとんどのひとが「マジカルってなんだ?」というところだとは思いますがネーミング通り魔法のような花火ですよね。

そしてまたウンチクとは無関係な写真を・・。

IMGP8440

IMGP8459



そして最後の尺玉30連発!これは大迫力です。
首都圏の川辺の大会でこんなに迫力のある尺玉乱れうちはなかなかないと思います。迫力ありました!

IMGP8495

最後はおきまりの1分間でどかーんと上げる花火!ボルテージも最高潮!

IMGP8503

こうして世田谷の熱い暑い夏は終わりました

 おもしろいのは花火大会が終了した後も1時間ぐらいは夜店が営業されていたこと。
 開始終了が早いせいなのかもしれませんが、一番の目的は駅の混雑分散化でしょう。
中規模の大会とは言いましたが、川崎側・世田谷側の同時開催なのでとにかく人はいっぱいいます。 しかもメインとなる二子玉川駅は駅自体に人を裁けるほどの力が無く、改札付近は大混雑!
ホームに出てしまえば、田園都市線渋谷方面・中央林間方面・大井町線と三つ共に分散するのですいているのですが、駅の改札がとにかく厳しい。 帰りは時間をずらすなりの覚悟が必要です。


とはいえかなり満足のできる大会でした。
東京三大花火大会などの大規模大会で疲れたあとのぬるぬる花火鑑賞には最適ですよ?。

コメント(2)

暑中見舞いありがとうございました。それにしても花火大会見物の連荘と、まめな取材&更新ご苦労様です。私はだいぶ前にワープロでHPをUPしていたことがありましたが、続かず、あっという間に閉鎖してしまいました。パソコン通信とかVANとかいう言葉がよく聞かれた時代のことです。その後、パソコンを買ってからは、見るのが中心です。ちなみに、CPU 400MEGA・HDD 9giga・OS WIN98のそれを公私とも未だに使ってます。(職場のPCと正直、相性が悪くなりつつありますが・・・周辺機器やソフトの関係もありますし・・・家族が増えると(-_-;)です。)花火大会も地元・札幌のすら、遠くで音のみを聞きながら・・・という感じです。場所取り・人いきれは、もう、あきまへん・・・、年なのか、根性無いのか、風情が無いのか・・・・、そんなわけで、本サイトの花火の写真を居間に居ながらにして楽しませていただきました。とにかく、どの花火大会もこっちよりはバリエーションも規模も大きそうですね。ブログからは、身の回りのすべてを楽しむライフスタイルが伝わってきます。これからも多忙な中、日本中(世界も)駆け巡ってください!!って強引な締めくくりで、失礼いたします。by北大路でなく北大爺

そうですねぇ? マメというよりは写真やパソコンを趣味の中心において、これを使うために旅行や花火やスキーにいってる感じでしょうか?
お互いの趣味を連携させてテンションを維持しております(^^;

さて、花火ですが、どうもありがとうございます!
でも、私が花火にはまったのって、実は北海道時代の豊平川でみた花火なんですよ?!高校1年の最初で最後の夏の時に先輩につれていってもらったのが始まりですっ!以来15年、よく続いていますね?(^^; パソコンの23年、スキーの20年、花火の15年が僕の三大長期趣味ですねぇ・・。

コメントする

カテゴリ

ウェブページ